光GENJI再結成が無理なのは喧嘩が原因?なぜ解散したのかやメンバーのその後から復活の可能性を考案

光GENJI再結成が無理なのは喧嘩が原因?なぜ解散したのかやメンバーのその後から復活の可能性を考案アイドル
スポンサーリンク

今回は、光GENJI再結成に関する話題です。

光GENJIといえば1987年から1995年前半まで活躍した男性アイドルグループですよね。

先達『男闘呼組』が再結成されたのをきっかけに『光GENJI』も再結成するのではないかというウワサがありました。

ファンの方にとっては『光GENJI』再結成は願ってやまない話です。

でも光GENJIは1995年に解散しています。

光GENJIが解散した理由は、喧嘩が原因なんだとか。

なぜ解散したのか真相を知りたいですよね。

そして光GENJIの元メンバーからはいつでも再結成したいという構えでいながら、メンバーのその後から復活の可能性があるのか、やはり無理なのか…。

そこでこの記事では、光GENJI再結成が無理なのは喧嘩が原因でなぜ解散したのかや、メンバーのその後から復活の可能性を考案し、まとめてお伝えいたします。

 

スポンサーリンク

光GENJI再結成が無理なのは喧嘩が原因?

光GENJI再結成が無理なのは喧嘩が原因についてまとめてみました。

光GENJIの再結成についてと光GENJI再結成は喧嘩が原因であるため再結成は無理というウワサについて検証してみました。

 

光GENJI再結成するって本当なの?

先に述べましたとおり『男闘呼組』の再結成が実現しました。

そのことをきっかけに、ファンの間からは『光GENJI』の再結成を願う声がたくさん集まっていました。

現状、光GENJIの再結成については元メンバーの赤坂晃さんが復活ライブで元メンバー7人と会われたそうです。

元メンバーの7人との会合は諸星和己さんがまとめ役となり、六本木の飲食店に集合したそうです。

そのときに現在もジャニーズ事務所所属の内海光司さんと佐藤アツヒロさんも店を訪れ、その席上で内海光司さんと佐藤アツヒロさんから光GENJI再結成を提案されたそうです。

そして元メンバーの佐藤寛之さんと山本淳一さんは現在の歌手活動を続けてはいるが、少人数しか入れないライブ会場を利用していることから、いつしか大きなステージで再び歌唱したいと前向きな姿勢を示されているそうです。

こういった話が出てくるというのは、やはり『男闘呼組』の再結成が影響している可能性は高いですよね。

でも光GENJI再結成となれば、過去と同じ過ちを引き起こさないこととジャニーズ事務所の承諾などが必要であれば、それらを解決しない限り、難しいのではないかと考えられます。

当時光GENJIのメンバーの一人が薬物事件に関与したこと、同じメンバーがジャニーズの規約違反をしたことでメンバーの一部が解雇され、解散になったそうです。

ベテラン記者の話では、ジャニーズを退所したメンバーが再び集ってグループ再結成するのは、メンバー同士の確執がある以上は難しいのではないかと話していました。

 

光GENJI再結成が無理なのは喧嘩が原因?

光GENJI当時のメンバー同士で喧嘩をしたという事実を見つけました。

  • 光GENJIのバックで踊る平家派というグループに反町隆史さん『本名:野口隆史さん』が光GENJIのメンバーと喧嘩をしてジャニーズを退所し、その後モデルや役者、歌手にもなり活躍されています
  • 光GENJIが紅白歌合戦のリハーサルに参加していたとき、元メンバーである大沢樹生さんが諸星和己さんの衣装の一部である帽子にいたずら書きをしたことが原因で喧嘩となったそうです。
  • 取っ組み合いをするほどの大喧嘩だったそうですが、諸星和己さんが喧嘩をしたのは大沢樹生さんではなく他のメンバーだったのに大沢樹生さんと諸星和己さんが喧嘩をしたとウワサになりました。

メンバー同士の喧嘩は起きていたようですが、光GENJI再結成は無理という直接の原因ではなさそうです。

大喧嘩したはずの大沢樹生さんと諸星和己さんは本当は大の仲良しで、最近では大沢樹生さんと諸星和己さん、お二人のディナーショーを開催するほど仲良しなんです。

光GENJI再結成が無理なのは喧嘩でなく、元メンバーの私生活に問題があり、元メンバーの退所や音楽活動が休止と言う結果を招いたため、仲の悪い雰囲気が未だに続いている可能性は高いですね。

 

光GENJIはなぜ解散したのか

1987年から1995年まで活躍した男性アイドルグループの光GENJI。

でも残念なことに1995年に光GENJIは解散しました。

ウワサでは喧嘩が原因で解散したとか仲が悪くなって解散したなどさまざまな情報がありましたので

  • 光GENJI結成後ってどんな感じだったの?
  • 光GENJIの全盛期はどうだったの?
  • 光GENJIはなぜ解散したのか

以上の3つの内容について追求していきたいと思います。

 

光GENJI結成後ってどんな感じだったの?

光GENJIは年上の2人によるユニットを『光』とし、年下の5人組のユニットを『GENJI』として合体したグループが『光GENJI』なんですよね。

『GENJI』というグループには誕生秘話があります。

ジャニーズ所属のメンバー10数人に対して、メリーさんがスケート場に呼び出してこれから毎日ローラースケートの練習をするよう指示があったそうです。

なぜローラースケートの練習をしなければならないのかを聞かされていませんでしたので、毎日続けているうちに1人2人とメンバーが抜けっていったのだそうです。

最終的に5人が残り、そこにメリーさんが登場して残った5人で『GENJI』というユニットを作り、年上2人のユニット『光』を合併させて『光GENJI』という新たなグループを結成しました。

『光GENJI』という男性アイドルグループは『CHAGE&ASKA』が作詞作曲した『STAR LIGHT』でデビューを果たしました。

そのときにローラースケートを履いて踊りながら、アクロバットを繰り返しながら歌いこなしていたことが人気の的になり、爆発的なブームになりました。

グループを結成し、デビューしてまもなく人気絶頂のグループに変わっていきました。

メリーさんがローラースケートの練習をさせた結果がこのように人気アイドルグループを誕生させたというわけです。

光GENJI結成後はあっという間に人気絶頂のグループへ变化したことになりますよね。

 

光GENJIの全盛期はどうだったの?

今から35、6年前の話ですが、いまだに光GENJIファンの方がたくさんいますよね。

光GENJIがローラースケートを履いて登場するシーンは、当時を知るファンの方たちは光GENJIの曲が流れると、ローラースケートで今にも登場してくるのではないかと思うほど焼き付けられているのではないでしょうか。

光GENJIのメンバー7人のうち、必ず誰かのファンになっている女性がたくさんいました。

街中を歩いていても光GENJIのファンの方は、ファンである証のキーケースやパスケース、祭りなどではうちわを必ず持ち歩いているファンの方がたくさんいました。

光GENJIは『STAR LIGHT』から『ガラスの十代』『パラダイス銀河』など数多くの曲目を発表し、ますますの人気に拍車をかけていったというのが全盛期でもあります。

光GENJIのファンにはもちろん男性ファンもいて、光GENJIの衣装をまとって街中を歩いた方を見かけることもあったんです!

 

光GENJIはなぜ解散したのか

先の話題にもありましたが、大喧嘩やメンバーの一人が薬物使用等容疑で逮捕されたこと、仲が悪くなったことから解散したなどさまざまな情報が飛び交っていました。

光GENJIが解散した本当の理由とは、1994年6月に実施された大阪城ホールでのライブを最後に大沢樹生さんが『光GENJI』を脱退したことからグループのバランスが崩れ、解散することになったそうです。

大沢樹生さんは光GENJIの今後の活動に不安を感じていたらしく、脱退後に出版した暴露本にも書かれていたそうです。

また大沢樹生さんは私生活面でのトラブルを抱えていたため、光GENJIからの脱退を考えていたのかもしれません。

光GENJIのメンバー同士による喧嘩は、確かにありましたが、解散するほどのことではなかったらしく、また薬物使用疑惑などで逮捕されたメンバーは、解雇されたものの解散を言い渡されたわけではなかったようです。

 

光GENJIメンバーのその後から復活の可能性を考案

光GENJIメンバーのその後から、復活の可能性を考案についてまとめてみました。

光GENJI再結成という話題が盛り上がっている中で、果たして復活の可能性があるのかどうか、

  • 光GENJIメンバーのその後を追跡
  • 光GENJIが復活の可能性を考案してみた

以上の2点について追求してみました。

 

光GENJIメンバーのその後を追跡

光GENJIメンバーのその後を追跡してみました。

光GENJIの元メンバーの現在は次のとおりです。

 

光GENJI元メンバー:内海光司

内海光司さんは現在もジャニーズ事務所に所属して、舞台を中心とした俳優活動を続けています。

内海光司さんが久しぶりにテレビ出演されたときの姿を見たファンの方や世間からは、痩せている姿を見て心配の声を上げていました。

内海光司さんは俳優活動をされていますが、出演する機会が少ないためか今のところ目立った活動はされていないようです。

 

光GENJI元メンバー:大沢樹生

大沢樹生さんは、『ドリームフォープロモーション』の代表取締役です。

大沢樹生さんは自宅近くのボクシングジムに通って体を鍛え、また、俳優活動を続けています。

 

光GENJI元メンバー:諸星和己

諸星和己さんはご自身で設立した『(株)STAR’S CREW』に所属し、歌手活動をはじめ、俳優活動やTV番組などに出演されています。

 

光GENJI元メンバー:佐藤寛之

佐藤寛之さんは『株式会社GENJIGURUMA』に所属し、少人数収納可能な小さなライブハウスでソロ活動をしています。

目立った活動をされていないようですが、将来的には大きなステージで歌うことを希望されています。

 

光GENJI元メンバー:山本淳一

山本淳一さんは現在、松山の道後温泉でバーテンダーとして働いているそうです。

山本淳一さんは私生活面でトラブルが絶えず、芸能活動復帰を目指しているとはいえ、問題が解決しなければ難しいのではという情報もありました。

 

光GENJI元メンバー:赤坂晃

赤坂晃さんは2015年から芸能活動を再開し、2018年には音楽活動も再開されました。

さらに沖縄県宮古島に焼肉&bar店『589(コハク)』を開店し、経営されています。

赤坂晃さんが経営されている焼肉&bar店『589(コハク)』は幅広い年齢層の方が店を訪れ、繁盛しているようです。

 

光GENJI元メンバー:佐藤アツヒロ

佐藤アツヒロさんはジャニーズ事務所に所属し、俳優や音楽活動を続けています。

また、佐藤アツヒロさんは舞台を中心とした活動以外にテレビドラマにも数多く出演され、俳優として本格的に活動されています。

続いては、光GENJIが復活の可能性を考案してみました。

 

光GENJIが復活の可能性を考案してみた

『男闘呼組』が再結成したことから、光GENJIの再結成を望むファンの方が多数いることはすでにお伝えしています。

元メンバーの大沢樹生さんは、『メンバー同士、仲が悪いので再結成は無理』とのコメントがありました。

同じく元メンバーの諸星和己さんは大沢樹生さんと大の仲良しなので共演することはあっても元メンバーで再結成は難しいと考えているようです。

でも元メンバーの内海光司さんと佐藤アツヒロさんはともにライブ活動を続けていますが、もう一度大きなステージに立って歌を披露したいという強い願望を持っているので、光GENJIの再結成には意欲的のようです。

元メンバー7人は声をかければ集まることは可能なので、一夜限りとか期間限定での光GENJI再結成は実現する可能性は高いですね。

でも光GENJIの過去に起きたさまざまな問題が記録されている以上はグループ自体の再結成は難しいと考えるのは妥当なのかもしれません。

最後にまとめです。

 

まとめ

ここまでは光GENJI再結成が無理なのは喧嘩が原因?となぜ解散したのかやメンバーのその後から復活の可能性を考案し、まとめてお伝えいたしました。

この記事でわかったことは次のとおりです。

  • 光GENJI再結成が無理なのは喧嘩が原因?については元メンバー同士で喧嘩することはあっても直接の原因ではなく、過去に引き起こした不祥事により仲の悪い状態が続いていることが原因と考えられる
  • 光GENJIはなぜ解散したのかについては、『喧嘩』や『仲が悪い』という理由で解散したのではという情報もありましたが、本当の理由は大沢樹生さんが光GENJIを脱退したことによりグループのバランスが崩れたからという理由だった
  • 光GENJIメンバーのその後から復活の可能性を考案については、光GENJI再結成に意欲的な元メンバーもいるなか、実際は光GENJIのメンバーが過去に引き起こした不祥事によって業界の関係者に認められるのは難しいことは復活は不可能に近い

という内容でした。

光GENJIのファンの方は全国にたくさんいます。

元メンバーがソロ活動やディナーショーなどすれば会場を訪れ応援するファンがたくさんいますので、こうした活動を続けることでもう少し時間が経てばこの状況が変わるかもしれませんね。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました